読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁の気持ち姑の気持ち

現役の嫁であり姑でもある自分ですが、嫁としての愚痴をはきます。

旦那の自己破産

旦那が自己破産しました。末っ子が小学6年生でした。旦那の幼馴染みの会社の借金の保証人になり、踏み倒されてしまったのです。「その時」まで、私は何も知らされてませんでした。義実家の、義兄とも違う隣県に自宅を構え、姑の奇襲にあうことも少なく、精神的には気楽に過ごしていました。それが、借金を踏み倒した張本人からの電話で、状況は一変しました。それからのことは、記憶が飛んでいます。

義兄は、将来親と一緒に住もうと考えていたのでしょう。義実家の近所に家を買いました。けれど、義兄嫁と姑が仲がよろしくないので、隣県に億ションを買いそこに住んでいました。義兄の厚意で、私達は義兄の家を借りてそこに住むことになり、さらに、旦那の会社の運転資金の借金の保証人が、義兄だったため、義兄には迷惑をかけてしまいました。義兄には足を向けて寝られません。けれど、それからは針のむしろでした。夫婦して義両親、義兄夫婦を前にして土下座です。土下座しながら私は心の中で「なんで?なんで?私保証人なんて知らなかったよ。それに、私が作った借金じゃないよ?」と、心の中でずっと思っていました。私は鬱になり、末っ子の卒業式も入学式も行くことができる状態ではありませんでした。病状が重くなり、入院を余儀なくされました。そういうことは、旦那は義実家や義兄に一切話さなかったため、なぜ私が働かないんだと責められ、そこでやっと、旦那は私の病気の事を話してくれました。義兄にしてみれば、旦那にお金を貸してるわ、家を貸してるわ(家賃は払ってます)で、当然ですよね。その時はどうやって生活していたのか、全然思い出せません。とにかく辛かったです。旦那は今までと同じ業界の別の業種の所へ修行に3年行って、自営として仕事を始めました。修行の間は月給15万。長女と長男の助けを借りながら、食べていました。鬱が重かった時は何も考えられませんでしたが、回復するにつれ、私はふつふつと怒りが湧いてきました。旦那に対してです。なぜ、6000万などという大金の保証人になったのか?なぜ、一言私に相談してくれなかったのか?大体、あなたは家族に謝ったのか?あなたのせいでこんな事態になったんだよ?数年前までは、その思いが心の底にずっとありました。誰のせいでこうなったの?そう叫びたい時も何度もありました。でも、主治医にそれは絶対言ってはいけないよ、と、きつく言われていたので、口にすることはありませんでした。態度には出ていたかも知れませんがw

義実家近くに越したおかげで、私にはまた、姑と関わらなければならない日常が始まりました。借金は夫婦の責任、そう言ってはばからない姑と、迷惑かけて!と、露骨に態度に表す義兄嫁のなかで、私はまた、NOと言えない嫁に戻りました。

ね、「誰のせいでこんな思いしなきゃならないの!」旦那を責めたい気持ちわかってもらえるでしょうか。鬱病になってしまった私には、離婚という選択肢はありませんでした。