読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁の気持ち姑の気持ち

現役の嫁であり姑でもある自分ですが、嫁としての愚痴をはきます。

自慢の息子、しかしてその実態は?其の壱

怒りにまかせて第二弾。

 

義兄は都市銀行の銀行員。旦那は小さいながらも会社の社長。書きましたよね。

姑は鼻タッカダカ~。親戚にさぞや自慢だったろうと思います。

ですが....まず最初は家の旦那。幼馴染の友人の会社の借金の保証人になったんです。

私はその事を全然知らされてませんでした。事前の相談もありませんでした。

なんとその額6000万円也。どっひゃぁ~ですよね。しかも、その友人がトンズラこいた。私がそれを知ったのは、その友人が私にかけてきた1本の電話。

「〇〇(旦那)の会社もうダメだから」「???」私、全然意味わかりません。

だって、それまでなーんにも知らされてないんですよ?旦那が戻るのを待って、問いただすと、そういうことなのでした。何もかも失って、自己破産。末っ子には「ボク引っ越したくない」ってファミレスにも拘わらず大泣きされるし、私は鬱になりました。

長男はまだ、大学生でした。この時自分が鬱でなければ離婚してたよなあ...と思う私でありますが、何も考えられず何もできず、将来の不安に押しつぶされそうでした。

で、義兄でありますが、それはとても悲しい出来事だった東日本大震災の日。首都圏に通勤していた義兄を心配した家族が、義兄に連絡を取ったところ全然連絡がつかない。

あれやこれや手を尽くした結果、PCの履歴から九州へ1泊のお泊り旅行へ行っていることが判明(したらしいです)。それも女性と。しかも、その女性とは何十年と続いている仲だとか。やってくれるね義兄。でも、義兄って決してモテるタイプではないと思うんだけどな。優しいけど。マザコンだし。あ、でもマメ男かな?

今までさんざん、家の息子ちゃん達はすごいのよ~って鼻息荒かった姑。ふん。これがあなたのご自慢の息子さん達ですよ~って言ってやりたかったわ。

しかし姑のすごいところは、ここから。  続きます。

 

 

どの口がそれを言えるんだよ!!

ずいぶんと日が空いてしまいました。

 

昨夜の話です。

次男夫婦が家に訪ねて来た時の事、それは前もって約束をしていた時間でした。

次男はピンポンも押さず家にいきなり入ってきたのですが、それに対して旦那は「なんだあいつ、だまって入ってくるのかよ。ピンポンも押さないで」

「は?」私は一瞬耳を疑いました。な、なに言ってんのこの人。私は姑に30年以上もそれやられてたんですがね。しかもアポなしで。しかもここは息子の実家でしょう?

わけが違います。どの口がそれを言う!

それで、昨夜夕食の時にそれを話したんです。あなたは次男にあんなこと言ったけど、私は姑にずっとそれやられてたんだよ。アポなしで!アポなしですよアポなし。

「私、何回かお願いしたよね?それやめてほしいって姑に言ってもらえる?って。

結局あなたは姑に伝えなかったんじゃないの?」それに対して旦那の答え。

「どうせそんなに頻繁に来たわけじゃないだろう」ですって!

なんじゃそりゃあ。ああ~完全にこの人、私の気持ちわかろうとしないんだ。なんだ完全なるただのマザコンかよ。いつかの言葉は嘘だったのかよ。

離婚を考え直して、やり直そうと思ってがんばっていた気持ちが萎えました。

今朝の弁当に手紙を書いて入れようと思いましたが、時間が足らず今日手紙を書こうと思います。

姑にされた、言われたあんなことやこんなこと、1%くらいしか旦那に話せていません。いや、もうちょっと話したかもだけど、聞く耳もってもらえなかったんだ。不機嫌になるから。やっぱマザコン確定?

今は(自分の中での縁切り)状態ですので、義実家に行くことはありませんが、食事を作ったり、買い物など私がしています。時々ですけどね。旦那の所にSOSがくるんですもの。旦那が届けに行きますけどね。

もうそういうの一切私は手伝わない。全部自分でやって。今月の舅の1周忌も出席しないよ。この間のお彼岸にお墓参りしたからいいでしょう。

きっと、こういう人が熟年離婚しちゃうんだろうなあ......。

 

息子の家は自分の家?

普通のお宅はどうなのでしょう。

姑は我が家に来るとき、いきなりドアを開けます。ピンポンどころかノックも無しです。新婚の頃住んでいた家は、古い平屋で、玄関入って障子を開けたらすぐ部屋でした。そこをいきなりガラガラと開けるのです。もちろんアポなんてありません。私はそれがイヤでイヤで仕方ありませんでした。自分の家ですから何してるかわからないじゃないですか。それこそ裸かもしれません。それを止めてほしいとは、もちろん姑には言えませんし、旦那に言えたのも、結婚して20年以上たってからでした。それから何回か旦那から言ってもらうようお願いしましたが、アポなしピンポンなしは最後まで変わりませんでした。息子の家は自分の家とでも思ってるのでしょうか?

姑は一年前まで車に乗っていて、出歩くのは自由だったので、家にも突撃してきたのです。

その、新婚の頃の家ですが、義実家と姑実家の間にあり、姑突撃、姑母親(旦那の祖母)は年中電話してきて、留守だと「何処に行ってたんだ」と干渉しまくりで、私は年中モヤモヤした気分で過ごしていました。自分がアホだったので、よく考えもせず、旦那が決めたままその場所に住んでしまいました。旦那も意識してその場所を選んだわけではないのでしょうが、結果、地理的にそうなってしまったのです。

おばあちゃんの名誉のために言っておきますが、おばあちゃんは決して意地悪な人ではありません。可愛い孫が気になって仕方なかったのでしょう。今なら理解できますが、私にとってはダブルだったので、きつかったです。

ついでに旦那の名誉のためにも言っておきますが、旦那は良い人です。義兄も基本良い人です。この二人の難点は、母親に決して逆らわないということ。嫁を守らないということ。あ、これって大きなマイナスかw

こうやって思い出しながら書いていると、旦那って案外ひどいなとも思いますけれど、私もうまく自分の気持ちを伝えることができなかったし、バカだったので、先々のことを考えるということができなかったので、仕方ないなと思う部分もあります。

私が賢かったら、若いうちに離婚していたかも知れません。

まあ、数年前に本当にぶち切れて、離婚寸前まで行きましたが、その時に初めて、「今までイヤな思いしてたのに気づかなくて悪かった」と旦那が頭を下げたので、それでチャラにすることにしました。

さて、そんな可愛い可愛い二人の息子ちゃん。義兄は銀行員、家は旦那が途中で独立して、世間でいう所の「社長」になったものだから、姑にとっては自慢で自慢で鼻高々。高いだけじゃなく鼻息も荒かった。ま、そんな鼻、あっという間にへし折られちゃうんですけどね。

 

お嫁さんといると疲れる自分

今日は、去年亡くなった舅の墓参りに朝から出かけました。

姑は自分一人では行かず、隣県に住む義兄夫婦も来ません。去年のお彼岸もそうでした。本当は旦那と姑で行けばよいのにと思いますが、それもしません。

お花やお線香を用意したり(墓苑で売ってますが)、お墓のお掃除などの雑用が面倒なのでしょうね。必然的に次男嫁の自分がやるしかありません。

私もイヤだったら知らんふりすればよいのですが、そこまで鬼ではありませんので、旦那は親を亡くしたばかりだし、お墓参りしたいだろうなと思って行っています。

お墓も腹の立つことがあって、去年、姑が旦那実家のお墓に私達も入れと、言ったのです。私は「は?」てな感じです。ちゃんと長男いるし、なんで私たちが??

これには訳があります。今までお墓の管理をしてきたのは私と旦那です。

義兄夫婦は転勤もあったりで、お墓に足を運ぶことはありませんでした。ある年のお彼岸、私と旦那はお墓参りができませんでした。そしたら、それを責めるかのように、その年は業者に頼んで草取りをしてもらったと、手入れ前と後の写真を二枚見せられ、

お金も3万もかかったよ言うのです。もたいなかった、みたいな。

要は、私と旦那が入るお墓であれば、ちゃんと管理をしてもらえるだろうとの打算です。てか、自分の息子に言えよ。長男に言ってくれ。次男嫁に振るな。

このことだけじゃなく、お墓ではイヤな思いも沢山したので、私は子供たちの手を煩わせることの無いよう、自分たちが無くなったあとは、墓ではなく、樹木葬にしようと決まています。姑にとっては墓も、死者を弔う気持ちではなく、あくまでも「綺麗に見栄え良く」なのです。それが見え見えなので腹が立つのです。

午後からは旦那と次男のお嫁さんと孫と所用で出かけました。4人の子供のうち3人は男なので、それぞれにお嫁さんがいます。どの子もとても良い子で、よく家の息子なんぞと結婚してくれたと、思います。ですが、私の姑体験がトラウマとなって、お嫁さん達にとても気を使ってしまうのです。背伸びしているわけではないのですが、つねに心の中で、自分がされたことは絶対にしない、と思っているものですから、会話一つ、口から出る言葉一つも神経をとがらせてしまうので、正直くたびれます。お嫁さんがイヤな思いをしないように....そればかりです。気を使いずぎと思われるかもしれませんが、それほど、姑のトラウマはきついのです。

おバカだった私 其の壱

家は、結婚記念日がいつかわからない。一緒に住んだ日。入籍した日。式を挙げた日。

全部バラバラ。私は結婚前に妊娠してしまった。その流れで結婚に至ったわけですが、義両親にそれを告げに行ったら、姑に言われたのは「赤ちゃんは諦めなさい」だった。

私はすごく産みたかった。すごく悩みましたよ。でも、当時私は19歳。世間知らずで初心な自分には、姑の反対を押し切ってまで産む勇気はなかった。

 

その時旦那はどうしてたんだろ?確か一緒になって諦めてくれって言われた気がする。

今ならね、その時点でハイさようならしたと思うんだけど、その時は旦那大好きだったから、何においても逆らえなかったんですね。

で、割り切れない思いを抱えながら、姑に連れていかれた病院で処置を受け、そのままズルズルと義実家で同居が始まりました。この時のことを、私はずいぶんと長く引きずり、心の傷となりました。

同居生活は、あまり覚えていませんが、心が悲鳴を上げてしまい、胃潰瘍になり入院するはめになりました。入院をきっかけに、旦那と話し合ったのかどうなのか?別居しよういうことになり、それを義両親に伝えました。

 

大変でした。足の爪を切りながら聞いていた姑大激怒。爪切り投げつけて.......怖くて覚えてません。舅さんは?はい、嫁姑問題あるあるですね。空気です。

その時インプットされちゃったんですね。「姑怖い。怒らせたら大変」って。

でも、義実家無事に脱出。しかし、世間知らずな自分。旦那が決めた家は、姑宅から姑実家の中間地点。これがあとあと大変なことになるなんて、夢にも思いませんでした。

 

若さとはいえ、本当に浅はかでおバカだったと思う自分。別に人生後悔はしてないけど、しなくてもいい苦労しちゃったかな?結婚はしっかり考えないと、と思う自分がいるのも確かです。

嫁の気持ち姑の気持ち

はじめまして。

現役の嫁であり、姑でもある50代の主婦です。

結婚する時は誰でも、相手の家族と仲良くやっていこう、姑さんともうまくやっていこうと思って結婚するのですよね。可愛いもんです。

それをぶち壊すのは誰か?そうです。大半が姑さんです。

 

「吐き出すのはいいことだよ」主治医に背中を押されて、ブログを書くことにしました。もちろん、結婚当初から今までの、ハッキリ言って愚痴です。

「相手の親を悪く言ってはいけない」その言葉をきっちり守ってきた三十年でしたが、ブチ切れました。残りの人生、自分の好きなようにしたい。

その前に、自分の心の中にある思いを吐き出してしまいたい。

そんな思いで、ブログ始めることにしました。

どうか宜しくお願い致します。